News

【プレスリリース】モノビット、開発と事業のエキスパート蛭田健司がCTO 兼 事業戦略室 室長に就任! ダブルCTO体制でさらなるVR/ARコンテンツの技術基盤強化を実施!!

リリース掲載

【プレスリリース】モノビット、開発と事業のエキスパート蛭田健司がCTO 兼 事業戦略室 室長に就任! ダブルCTO体制でさらなるVR/ARコンテンツの技術基盤強化を実施!!

 

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)は、2017年8月1日付にて、新たにCTO 兼 事業戦略室 室長に、大ヒットアクションゲームシリーズなど数々のゲーム開発を手掛け、豊富なゲーム事業経験を持つ蛭田 健司が就任しましたことをお知らせいたします。弊社では受注が拡大するVR/ARコンテンツ領域にて、さらなるクオリティ強化を目指すべく、現CTOの中嶋謙互と新CTOの蛭田健司のダブルCTO体制にすることで、技術基盤強化を行ってまいります。

 

【蛭田 健司より就任のメッセージ】

これまでセガ、コーエーテクモ、ヤフーなどで、技術、海外事業、人材開発、事業戦略などの幅広い業務を経験してまいりましたが、この度ご縁をいただき、モノビット社の取締役CTO 兼 事業戦略室 室長に就任いたしました。同社の技術戦略と事業戦略の両方を担います。

技術面ではAIや、オンラインゲーム開発の知識、ハイエンド3D表現などの得意分野を活かし、同社が注力していくVR/ARコンテンツのクオリティをさらに高めてまいります。

また事業戦略面では、同社が既に持つ高性能リアルタイム通信エンジンの豊富な実績やノウハウを最大限に活用しつつ、組織力を向上させながら、高度なVR/ARソリューションの提供やVR-MMORPGの開発などの実現に向けて、戦略を策定し、遂行してまいります。これからのモノビット社にどうぞご期待いただき、これまで以上のお力添えを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

■新任取締役の略歴

現セガゲームスにてオンラインゲームなどの開発に参加。現コーエーテクモゲームスでは大ヒットアクションゲームシリーズの開発に携わり、オンラインMO対戦アクションゲームの技術責任者を経てカナダスタジオに出向。現地責任者として経営を担った。クルーズ入社後はゼネラルマネージャーとしてネイティブゲーム事業の立ち上げを行い、担当したレースゲームは日本発のゲームとして初めてApp Storeの全世界フィーチャーを獲得。その後ヤフーにてゲーム部門部長、子会社の執行役員CTO、人材開発室長などを経験。2016年上場企業の顧問に就任。著書「ゲームクリエイターの仕事」(翔泳社)。CEDEC、Unite、TECH VALLEY、ゲームビジネスアカデミーなど講演実績多数。

Top