News

Unity用マルチプレイプラグイン「Monobit Unity Networking2.0」を インディーズゲーム開発向けに無償提供開始!

Unity用マルチプレイプラグイン「Monobit Unity Networking2.0」を インディーズゲーム開発向けに無償提供開始!

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)は、2017年5月8日、ゲーム向け通信ミドルウェアである「モノビットエンジン」の「Monobit Unity Networking 2.0」(以下、MUN)をインディーズゲーム開発向けに無償提供する事を発表致します。なお、MUNはUnity向けで、クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装できる通信ミドルウェアです。MUNは2017年3月30日に発売しました新製品「Monobit Revolution Server」(以下、MRS)の新コアを採用する事により、従来製品に比べて大幅な高速化に成功。さらにサーバにゲームコードが記述できるようになり、バージョンアップした新製品です。

 

 

 

■インディーズゲーム開発向け製品提供に関して

モノビットは今回の製品提供を通して、リアルタイム通信を利用したオンラインゲーム・オンラインVRコンテンツ開発の魅力を広く伝えるとともに、近年盛り上がりを見せているインディーズゲームやインディーズVRコンテンツの開発者を含む幅広い開発者の方々を支援し、ゲーム産業およびVR産業の発展に貢献して参ります。

 

 

 

■「Monobit Unity Networking 2.0」製品概要

「Monobit Unity Networking 2.0」 (以下、MUN)とは、Unity専用の無料アセットで、クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装できます。さらに新製品の新コアを採用し、2.0へバージョンアップ致しました。また、MUNを使用しているVRボイスチャットミドルウェア『VR Voice Chat with MUN β版』も近日、バージョンアップ予定です。

 

<MUNの新たな特徴>

1,クライアントプログラムだけでマルチプレイを実現

2,通信コアにMRSを採用し、大幅な高速化を実現

3,標準サーバのソースコードが公開され、カスタマイズ可能

4,C#、C++言語でサーバにコードを記述することが可能

5,TCPに加え、UDP/RDUPも正式サポート

6,Unetインターフェースにも対応予定(今夏予定)

7,自動冗長化の仕組みを提供予定(6月予定)

 

MUNページリンク: http://www.monobitengine.com/mun/

 ※インディーズ版はMUNページ下部にあります「インディーズ版のお申し込み」よりMUNを選択の上、お申し込みください。

 

 

「Monobit Unity Networking 2.0」基本性能

・対応プロトコル:TCP/UDP/RUDP

・対応言語:C#(クライアント)、C++,C#(サーバ)

・対応ゲームエンジン:Unity(UnityNetworking/IPv6)、UNet(順次対応予定)

・対応プラットフォーム:iOS,Android,Windows,MacOS,Linux,HTML5

PlayStation®4 (順次対応予定)

Nintendo Switch ™ (順次対応予定)

 

■「Monobit Unity Networking 2.0」製品仕様

製品名:Monobit Unity Networking 2.0

発売・運用開始日:2017年03月30日

商用ライセンス価格(税別)

◇100同時接続まで無料

◇1同時接続あたり \20/月(1000接続から申し込みが可能です)

開発・販売:株式会社モノビット

Top