News

Unite 2016にて、「モノビットエンジン」の出展と講演をおこないます 

東京・お台場で開催されるUnity 最大の公式カンファレンスイベント「Unite2016 Tokyo」にて、
モノビッ ト社は【モノビットエンジン】の展示と講演を行います。

 

なお、本イベントでは、Unity特化の新製品 『Monobit UnityNtworking(MUN)』を初公開いたします。


Unite2016

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
会期:2016年4月4日(月)・5日(火)
会場:ヒルトン東京お台場
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

■展示内容
モノビットエンジン

モノビットエンジンとは、本格的なオンラインゲーム制作を前提に設計・開発された、
高機能なリアルタイム通信ミドルウェアです。
シンプルなターン性のゲームから、高速レスポンスが求められるマルチプレイのアクションゲーム、大規模なサーバシステムが必要なMMORPGまで、あらゆるジャンルのオンラインゲームをスムーズに開発できます。
モノビットエンジンを導入すると、多機能で安定したネットワークゲームを迅速に開発することができます。

 

 

■講演内容

【タイトル】
クライアントプログラムだけでマルチプレイが簡単に実装出来る!
 

【講演日時】
2016年4月5日(火) 17:00
 

【講演者】
代表取締役 本城 嘉太郎
ミドルウェア事業部部長 安田 京人
 

【内容】
マルチプレイが当たり前となったモバイル界隈においてマルチプレイを
いかに簡単に実現するのか非常に重要なテーマです。
そこで、Unity開発者向けに、Unite2016で初公開となる、Unity特化の新製品
『Monobit Unity Networking(MUN)』を用いて、 マルチプレイの実装方法をご紹介します。
単純なキャラクタ同期であればプログラマの手を借りなくても実現可能となっており、
すぐにプロトタイプの作成に入る事が可能です。
より組み込みが容易になったモノビットエンジンを体感ください。

 

ご来場の際は、ぜひモノビットエンジンの講演・展示に足をお運びください。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

※「Unite 2016 Tokyo」の詳細および講演スケジュールについては、公式サイトをご覧ください。

 

Top