News

CTOにオンラインゲーム黎明期を創り上げた中嶋 謙互が就任!VR向けリアルタイム通信クラウドサービスの開発に着手

 

モノビットのCTOに、オンラインゲーム黎明期を創り上げた中嶋 謙互が就任!

VR向けリアルタイム通信クラウドサービスの開発に着手

 

株式会社モノビット(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)は、2016年6月1日付にて、新たにCTO(Chief Technical Officer、最高技術責任者 )として、「オンラインゲームを支える技術-壮大なプレイ空間の舞台裏」の著者であり、国産MMORPGで圧倒的なシェアを誇った通信ミドルウェアVCEの開発者である中嶋 謙互を迎えましたことを、下記の通りお知らせいたします。 中嶋はCTO(最高技術責任者)として、弊社の通信ミドルウェアおよびネットワーク技術研究・開発全般を指揮してまいります。

Corp_logo

 

中嶋より就任のメッセージ
『この度、世界最先端のネットワーク技術であらゆるコンテンツをオンラインに繋げる、というモノビット社のビジョンに共鳴し、自らの経験や知識を最大限に活かせる場所であると確信し、CTOに就任致しました。今後、既に実績のあるゲーム向けリアルタイム通信エンジン「モノビットエンジン」のバージョンアップを行い、より使いやすく、速く、安定した通信ミドルウェアへ進化させていきます。また、来たるべきVR時代を見据え、VR向けリアルタイム通信クラウドサービスを新規開発し、VR空間内で世界中の人々が集ってコミュニケーションが取れる、VRオンラインコンテンツ制作をスムーズに行える環境を、あらゆるVRデベロッパーの皆様へ提供して参ります。』

 

新任CTOの略歴

中嶋 謙互 (なかじま けんご)
1974年京都生まれ。京都大学農学部卒業。小学生の時からゲームプログラミングを始め、大学入学後ゲーム制作を開始。96年、世界初のJavaアプレットを用いたMMORPGを制作し、98年にはその続編LifestormシリーズをWindowsで発売、ヒット。2001年にはオンラインゲーム用ミドルウェアVCEを開発し、独自に開発した『gumonji』を含めて約50社で利用され、日本のオンラインゲームの黎明期を創出。その後、国民的人気シリーズのMMORPGをはじめ、様々なネットワークゲームの開発に従事。また、シンラ・テクノロジー社ではクラウドゲーミングプラットフォームの開発にアーキテクトとして参加。著書に「オンラインゲームを支える技術 -壮大なプレイ空間の舞台裏」(技術評論社)、CEDECなど講演実績多数。

 

 

 

オンラインゲームを支える技術

 

著書紹介:「オンラインゲームを支える技術 --壮大なプレイ空間の舞台裏」

オンラインゲームをテーマとする技術解説書。オンラインゲームプログラミングはゲームおよびネットワークの高度な知識が必須で、技術的な観点からプログラミングの最高峰の一つとされます。また運用面では大多数のユーザの接続を捌く超大規模サービスの代表例です。本書では、商用レベルの技術群を視野に入れ、オンラインゲームの開発/運用技術を徹底解説。基礎知識、アーキテクチャ、C/S MMOおよびP2P MO実践開発、サーバ/インフラ、開発体制など、初学者向けに理解の要となる事項をわかりやすく説明します。

 

出版社: 技術評論社

http://gihyo.jp/book/2011/978-4-7741-4580-8

Top